なおむー みゅーじっく すたぢお - 完全自己満足(涙)の音楽と不定期日記をどうぞ♪

SiteMap

Naomu- Music Studio
2015/07/11【Sat】 (24)
ドラムセット、色々と変更してみました。



バスドラのヘッドをようやく変えました。
カノウプスのヘッドと最後まで迷ったのですが、悩んだ挙句、TAMAに決定。
決め手は、リングミュートが内蔵されていたこと。
僕は毛布をガンガンに詰めるスタイルではないので、ミュートコントロールを考えると、
リングミュートはかなりの高ポイントだったのですな。

ちなみに、カノウプスは見た目のみの候補でした。
でも、一気にプロ感・マニア感が出るので、メチャクチャ悩みましたけどね…^^;
(※だって、聴衆は音なんてあまり気にしてないですからねぇ凹)
あ、打面ももちろん張り替えました。
REMOのパワーストロークシリーズで、こちもダブルフィルムのリングミュート付です。

また、チャイナシンバルを一枚追加。
ここぞという場面のエフェクトシンバルとして活躍してもらいたいです!

目につくところと言えばそんなところでしょうか。




シンバルは、ライド以外は一気に刷新って感じですね。
自身の病気の保険金をここぞとばかりにつぎ込みました。(←大丈夫なんかい!?)
いやいや、実は前所有していたシンバルたちがオークションにて信じられないほどの高額で売れたのですなぁ。
これはきっと神様からのご褒美なんだと、心から信じております。
少しの資金追加で刷新できたのは良かったっす。

左から、14インチハット、16インチクラッシュ、20インチライド、18インチクラッシュ、18インチチャイナと。
ジルジャン信者かと思われやしないかと心配ですが、たまたまですね。チャイナはマイネルですし。
まぁ、ロッククラッシュなんて鳴らし切る機会ないし、重い音楽もやらなくなったので(さよならKiller ;_;)
音の立ち上がりや音量を考えたシンバルセッティングとなっています。

あと、これはぜひ紹介したかったポイントであり、声高に主張したいポイントなんですが…



左の画像はシンバルのメタルワッシャー、右の画像はシンバルナイロンチューブです。
スタジオとかで、この部品が欠落しているトコロを見ると非常に残念に思います。

ワッシャーが無いと、シンバルの角度を付けた時のホールドが甘くなってしまいます。
また水平セッティングだとしても、シンバルの締め具合、揺れ具合などもしっかり設定できません。

で、ナイロンチューブ。これは自前のシンバルをセットする時に必ず確認しています。
この部品がないと、簡単にキーホールが付いてしまって、シンバルの価値が大暴落します。

ほかの楽器でもそうなんですが、小さなことに忠実なら多くの事にも…
ってあれ?偉大なる教科書から引用しかけてしまいましたが、そういう事なんです。
せっかくの自分のセットなので、細かいところもこだわっていきたいですね。

というわけで、ドラムセット自慢をお届けいたしました。

今回は、セッティング確認のために組んだだけであります。
でも、組んじゃうと…
思いっきり叩きたいなぁ…