なおむー みゅーじっく すたぢお - 完全自己満足(涙)の音楽と不定期日記をどうぞ♪

SiteMap

Naomu- Music Studio
2015/12/04【Fri】 (35)
先日のライブ時に、ドラマーのT先輩に練習のためにセットをお貸ししたんですが、
帰ってきたついでに、カバリングの貼り替えをついに敢行!
いやいや、何年越しかの目標がやっと達成できそうです。


で、まずカバーを外したんですが、何やらチョークで書いてありました。
光の加減で見づらいですが、3文字目は「鼓」という字ですね。
八角鼓???中国語でしょうかねぇ。
元々がフォトジェニックのバスドラなので、きっと中国・台湾あたりの製造だと思います。
中国の工場の人が、「コレハ バスドラ ダヨ」という意味を込めて書いたのでしょう。
まさか、書いた本人もこんな日本の片田舎でこの文字を読まれるなんて思っていなかったでしょう。
なんか、こういうちょっとしたストーリーが垣間見える瞬間って大好きなんですよね(笑)


はい。んで、その後の工程を見事にスッ飛ばしますが、ご覧のとおり難なく完成♪
写真だとなかなか伝わらないですが、最高にかっこいいバスドラに生まれ変わりました!
アクリルカバーってテカテカしてて安っぽい印象なので嫌いだったんですが、
マットブラックは艶消しながらも、光をぼんやりと拡散してくれるので、なんか幻想的なんですよね。
スネア・タム・フロアは一足先に張り替えていたんですが(って、もう4年前!?)ようやくバスドラも貼り替え完了!
同じマットブラックのタム・フロアと並べるとどうなるんでしょうねぇ。楽しみです。
(しかしその予定は今のところ無 涙)

で、ドラマーにこのセットをみせると、カバリングについても良く突っ込まれますが、
フロントヘッドのアイテムも良く話題になります。あまり一般的ではないのかなぁ…。
ちょっと画像では分かり辛いですが、なんか付いてますよね^^;
これは、パールから出ている「キックポート」と言って、低域を強調するために取り付けるグッズです。
(興味のある方、詳しくはググってください。←無責任)

フロントヘッドに取り付けてあるので、実はプレイヤー側からは悲しいことに音の変化はあまり感じられません。
でも、この前体育館(のような場所)でリハがあったのですが、その時客席側で聴いた時に効果を実感しました。
結構な距離(10mくらい?)で他のドラマーの音を聴いていたんですが、低音がガッツリ飛んでくるんですよね。
例えて言うなら、空気砲のように。いや、空気砲くらったことないけど…。
全体的に「ドーン」と鳴るのではなく、局所的に「ドンッ」と来ます。
あれを聴いた時には感動すら覚えましたが、その後喫茶店レベルの小さい箱でしか演っていないので、
早くコイツの本領を発揮させてあげたいです。

あれ、サクっと終わらせようと思ったのに、
熱く語ってしまった…。